社員証作成のあれこれ

社員証の作成は業者に発注するのが一般的ですが、自社でも専用のソフトとプリンターがあれば出退勤の管理も可能な本格的な社員証を作ることが可能です。
自社で作成すれば、紛失などの際もスピーディーに再発行できるほか、制作に要するコストを抑えられるなどのメリットがあります。
プラスチックを印刷できる専用のプリンターが各種販売されており、バーコード印刷も可能。
あらかじめデザインソフトが付属されているタイプもあります。

社員証を作成するときのプリンターの特徴とは?

社員証を作成するときのプリンターの特徴とは? 社員証を作成する代表的な方法は印刷会社への発注、ネットの専門サイトへの発注があります。
一方、近年はプリンターなど制作機器の技術的な進歩により、自社で制作する方法が注目を集めています。
自社で社員証を作成すれば、紛失の際も担当者がすぐに再発行の手続きを取ることができるほか、制作コストを大幅に抑えることも可能。
プラスチックを印刷する専用プリンターは、テンプレートを備えたデザイン機能を備え、バーコード印刷も可能です。
自社で作成する場合に必要なのは写真データ、パソコン、プリンター。
写真はデジタルカメラなどで撮影したデータを使用します。
デザインが決まったら各社員の写真を貼り付け、氏名や所属などの情報を入力します。
全員分の社員証データが揃ったら、印刷に移ります。
社員証のデザインは、自社で行うこともできますが、ネット上に無料でダウンロードできるテンプレートがありますので、それらを活用する手もあります。

新入社員証を作成する際の注意点!どんな服装がおすすめ?

新入社員証を作成する際の注意点!どんな服装がおすすめ? 厳しい就職活動を勝ち残り、希望する企業に入社した新入社員の人にとって、初めて手にする社員証を見る時はうれしいものです。
平日は常に持ち続けるものであり、オフィスのドアロック解除などの際に利用し、会社の外では身分証明書の役割を果たし、飲食店やさまざまなお店で提示することによってディスカウントの恩恵を受けられることもあって、会社員にとって、とても大切な存在になっています。
新入社員証を作成する際、写真を撮影することになりますが、服装に関してはいくつかの注意点が存在します。
オフィス内での服装がビジネススーツである職場の場合、男女ともスーツ姿で写真撮影を行うことが無難です。
オフィス内でスーツを着ており、社員証の写真がTシャツなどのカジュアルな服装の場合、第三者から見た際におかしく感じる可能性があるためです。
ただ、オフィス内の服装がビジネスカジュアルだったり、カジュアルの場合は、写真撮影もカジュアルで問題ないケースが多くなっています。
ただし、管理部署である人事部や総務部などから、写真撮影を行う際の服装について、注意点が出されることがありますので、その場合はそれに従って、手続きをすることが賢明になります。

社員証作成関連オススメサイト

社員証作成に関する悩みをばっちり解決してくれます。

社員証 作成